奥会津体験博覧会 せど森の宴 昔に想いをはせつつ"打ち豆"づくりと絶品レシピ

奥会津体験博覧会 せど森の宴

Original
Original

10

奥会津に伝わる冬の保存食

昔に想いをはせつつ"打ち豆"づくりと絶品レシピ

Display
Display
Display
Display

奥会津の長い冬が生んだ昔ながらの保存食「打ち豆」を木づちで打って作り、みそ汁などの料理に仕上げます。

打ち豆は蒸した大豆を平たく潰し、乾燥させた貴重なタンパク源です。火が早く通り、豆に味がよく染み込み、大豆からダシが出ます。揚げてよし、煮てよしと、冬の奥会津で重宝され、豆を打つのは子ども達の仕事でした。

柔らかく深みのある味を受け継いでいきましょう。

注意事項

Display

打った豆はお持ち帰りいただけます。


下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display

渡部麹屋

渡部 真明(わたなべ まさあき)

子どもの頃は打ち豆をしないと遊びに行けませんでした。この地域の文化でもある冬の保存食をぜひ食べてもらいたいです。

集合場所

Display

金山町開発センター

〒968-0011

福島県大沼郡金山町川口谷地393


駐車場:無料有

隣接の金山町役場駐車場をご利用ください。

申し込み・問い合わせ先

Display

渡部麹屋(担当:渡部)

TEL:0241-56-4031

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2021/11/13(土) 10:00 〜 13:30
予約開始
2021/10/01 00:00
予約終了
2021/10/31 00:00
料金
2,000円
定員
1 / 4 人
最少催行
2人
備考